‘未分類’ からのお知らせ

ばんけい幼稚園すごろく☆

2017-11-06

先日発行された「たんぽっぽ」に掲載されていた
ばんけい幼稚園すごろく です。

下の画像をクリックするとリンクが開きます。
A4
サイズ2枚になっていますのでご家庭で印刷して
張り合わせて楽しんでくださいね♪

IMG_9835

ばんけいのお友達

2017-10-01

ばんけい幼稚園の愛すべきみんなのおともだち、
うさぎちゃんたち。

先人たちが手作りで建てたというウサギ小屋には、
いつもだいたい10匹前後のうさぎちゃんたちがいます。

IMG_9256IMG_9258

登園するとき、お外遊びのとき、

うさぎ小屋の前には、いつも何人かの園児の姿があります。

ただ姿を見たり、ご挨拶したり。

ガラスの扉におでこをくっつけ、吐息で窓を曇らせている姿は
本当に微笑ましいですね。

ウサギ小屋1

まだ幼稚園に慣れない赤組さん。

生まれて初めてのおかあさんがそばにいないさみしさを
うさぎちゃんに慰めてもらう子は多いそうです。

 

すっかりばんけいのやまの子になった緑組さん。
先生に教えてもらった、うさぎちゃんが大好きな野草を探し
食べさせてあげることも出来ます。

小さなおててをかじられないように、すっかり慣れた手つきです。

 

そんな赤組さん、緑組さんが羨ましがる、青組さんのうさぎ当番。

小屋のお掃除をして、ごはんもあげます。

 

そんなうさぎちゃんたちに、この夏も可愛い赤ちゃんが生まれました。

IMG_9255

ぐんぐんと逞しく育っていく園児たちとともに、
ばんけいの豊かな自然の中で元気に育っていってほしいものです。

スキーの準備

2017-01-23

年少・年中さんで“しりすべり”を思い切り楽しんだあと、年長さんになってからは、ばんけいスキー場でのスキー活動が始まります。

年中さんまでの間、しりすべりなど、雪の中でたくさん遊ぶ経験を積むことで、スキーをするのに十分な体力・経験値を養っているのだそう。

子ども達が使用するスキー靴と板は全て、園の貸し出しです。

先生のご協力のもと、スキー靴とスキー板合わせの前日準備風景をご紹介します。

スキー靴の入った箱や袋を、虹の会の部屋へ運びます。

img_0092img_0096

ひとつひとつ、サイズ毎に並べます。

img_0097img_0107

スキー板は体育館に運び、サイズ毎に並べられます。

靴と同様、ひとりひとり合わせて決め、靴と板に自分のシールを貼り、ひとシーズン同じものを使います。

シーズンが終わると、自分たちでシールをはがして元に戻します。

img_0137img_0145img_0142img_0143

シーズン前に、スキー板やスキー靴の点検をし、傷んでいたら買い替えています。

スキー板は雪質に合わせて先生方がワックスをかけることもあります。

きちんとメンテナンスを行っているので、次のシーズンでも、子ども達が存分にスキーを楽しむことができますね。

誕生カード製作

2017-01-23

毎月のお誕生会では、子ども達の作品で飾られた誕生カードをプレゼントされています。

子供も保護者も、どんなカードがもらえるのかなぁと、ドキドキわくわく、です。

園では毎月、子ども達の誕生カード作りがあります。

その月のお誕生日のお友達を紹介し、喜んでもらえるよう、「心を込めて作ろうね」と声かけをしながら作成しているそうです。

 

先生方による、誕生カードの仕上げ作業を画像でご紹介します。

 

まずは、誕生カードの台紙作り。

白のボール紙を2枚使用。

その上に色画用紙を貼ります。

dscn7016dscn7026

子供の作品をメインに、様々なモチーフを貼り、カードの端にマスキングテープを貼って仕上げます。

dscn7027dscn7019dscn7030img_0111img_0112img_0110

たくさんのアイデアにあふれた誕生カードですね。

子供の作品を上手に生かしています。

毎月の作業で、先生の手つきも慣れています。

緑組・青組は、大地・大空・風クラス、それぞれの受け持ちの先生が相談して、カードのテーマを決めているそうです。

赤組は、大地と大空クラスの先生が一緒に、風クラスは風クラスの先生が、それぞれ相談されています。

カードのテーマは、生まれた季節に合わせたものだったり、子ども達が好きな絵本を考慮したり、運動会や山の子祭りなど、子供が経験したことだったり、学年・クラスによって様々です。

「この人形は〇〇ちゃんが作ったもので、こっちのは、ぼくが作ったやつ」

「こことここ、わたしがかいたの」

「これ、このまえの運動会で踊った絵だよ!」

実際、誕生カードを頂いた子ども達がカードの説明をしてくれたり、家に帰ってきてからも、何度も何度もカードを眺めたりしています。

保育写真

2017-01-20

ばんけい幼稚園では、外部の写真屋さんが、子供達の様子を撮影してくださっています。
その写真は、体育館の壁に掲示されます。

 

m9jh70k9

 

2ccv0ihd

保護者たちが保育時間中に来園し、直接、写真を目で見て注文をしています。
みなさん、我が子の写真を探しています。
見落とさないよう、じっくりと・・・。

bkonp16vydqd7lx5

クリスマスシーズン

2016-12-20

クリスマスが近づき、園の玄関は、このような可愛らしい飾りつけがされています。

手作りリースには、胡桃の殻がついています。

msvog8xg

数年前、“けあばんけい”の方々に頂いた、額縁入りの七宝焼きのクリスマス飾りは、毎年、この時期に飾っているそうです。

玄関先には、AEDが設置されてますね。

48hwrqvj

 

こちらの飾りも、けあばんけいの方々の手作りだそうです。

qkshw1ap

米ぞり作り

2016-12-19

雪が積もると、子供達は米袋を利用した“米ぞり”を使って、“しりすべり”を楽しんでいます。

毎年、保護者が作った米ぞりを園に寄付しています。

今年も、ばんけいの山に雪が積もり、早速、子供達はしりすべりを始めています。

img_6471-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcimg_6475-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcimg_6491-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

今回は、その米ぞりの作り方を紹介します。

 

【材料】

・10kgの米袋 1枚

・クッション素材・・・例)ウレタンなど、へたりにくく、乾きやすい素材が最適。

米袋のクッション材として、ダンボールや新聞紙は、袋が裂けやすいため、不向きだそうです。

・布テープ(ガムテープは、ガムテープ同士を重ねて巻けないため、不向き)

・ひも(荷造りロープ、すずらんテープなど)

 

①クッション材を米袋のサイズに合わせてカットする。

今回は、ビバホームで“硬めウレタンヌードクッション”を用意しました。

(縦40cm×横40cm×厚さ5cm、約400円程度)

米袋のサイズに合わせて、33×40cmにカットし、さらに、厚みがありすぎるので、半分にカットしたら、ちょうど2枚分のクッションになりました。(厚さ2.5cm)

親子雪遊びなどで、子供と一緒に米ぞりをする機会がありますが、縦のサイズが短いと、子供と2人乗りができません。

そりを長めにしておくと、子供と2人乗りが楽しめますよ。

tkr8km66361xfhex

 

②米袋にカットしたクッション材を入れます。

 

2o09f1r6

 

 

③ひもを取り付けます。

100cmほどにカットしたひもを用意します。

園児の体型に合わせ、持ち手の部分が50cm程度がちょうど良いです。

画像では、荷造り用ロープを使用しました。

すずらんテープを使用する場合、ひもが細いので、三つ編みにすると良いです。

 

rm5dcmw5

 

④布テープで両面とも、ぐるぐる巻きにして、ひもを米袋に固定します。

 

ax9whwjl

しりすべりは子供達に大人気です。

思いっきり遊んでいると、袋が裂けたりなどし、ひと冬も持たないそうです。(下の画像参照)

ljmdzjlc

 

使えなくなった米ぞりは、先生方が修理し、再利用しています。

10kgの米袋は補修用にも使えるので、袋を保存しておくと役立つかもしれません。

 

園からの風景~ダブルレインボー~

2016-12-14

先日、娘を園に迎えに行ったときのこと。
空を見上げると虹が出ていました。
よく見るとうっすら二重に!!

バスを見送った先生方も「虹が出てるよ~!!」と嬉しそうに声をかけてくれました。
子どもたちもバスからこの虹を見ていたかもしれませんね。

image1

冬のばんけいスタイル

2016-12-07

冬の “ばんけいスタイル” を具体的に画像で紹介します。

まずは、靴下から。

靴下の中に、ズボンのすそを入れます。

靴下の中に、ズボンのすそを入れます。

このはき方を、“ばんけいばき” と、幼稚園では言っています。

すそが広がっているズボンは、“ばんけいばき” にしづらいです。

靴下の次は、毛糸の靴下を履きます。

靴下の次は、毛糸の靴下を履きます。

次は、スキーウエアです。

名前・かけ紐を、必ずつけてください。

脱いだ時、誰のウエアかが分かるように、裏側の見える箇所につけてください。

上着にネームホルダーがついている場合、そこに名前を書いた紙を入れてもいいです。

毛糸の手袋の紐も、スキーウエアにつけます。

名前・かけ紐を、必ずつけてください。毛糸の手袋の紐も、スキーウエアにつけます。毛糸の手袋の紐も、スキーウエアにつけます。上着にネームホルダーがついている場合、そこに名前を書いた紙を入れてもいいです。
上着にネームホルダーがついている場合、そこに名前を書いた紙を入れてもいいです。
上着にネームホルダーがついている場合、そこに名前を書いた紙を入れてもいいです。
上着にネームホルダーがついている場合、そこに名前を書いた紙を入れてもいいです。

 

 

次は、スパッツと長靴です。

スパッツは、子供が自分で上げ下げしやすい薄い生地のものがいいです。
中綿が入っているようなものや、幅が狭いものは、子供が扱いにくいです。

スパッツを手作りすることもできます。こちらでも作り方を紹介しています。

スパッツに幅2cmくらいのゴム紐を縫い付けます。
詳しい縫いつけ方は、ばんけいスタイルで紹介しています。

スパッツに幅2cmくらいのゴム紐を縫い付けます。スパッツと長靴です。スパッツのゴム紐を長靴の底にかけるので、かかとのない長靴は切れやすいため、かかとのある長靴を用意します。スパッツのゴム紐を長靴の底にかけるので、かかとのない長靴は切れやすいため、かかとのある長靴を用意します。脱いだあとはスパッツを下まで下げておくと、乾きやすくて、はきやすいです。スパッツと長靴です。

長靴は、毛糸の靴下をはくため、内側がモコモコしていないもので、実寸サイズよりも少し大きめが良いです。
きついと血行が悪くなり、すぐに足が冷たくなります。
雪の中で活発に遊ぶ際、スパイクで切って怪我をしないためにも、スパイク付きの長靴は不可です。
冬用の普通のゴム長靴が最適です。

スパッツのゴム紐を長靴の底にかけるので、かかとのない長靴は切れやすいため、かかとのある長靴を用意します。

脱いだあとはスパッツを下まで下げておくと、乾きやすくて、はきやすいです。

 

次は、スパッツの装着です。

まず、はじめにスキーウエアのズボンのすそは、長靴の中に入れず、長靴の外側に出します。

 

はじめにスキーウエアのズボンのすそは、長靴の中に入れず、長靴の外側に出します。はじめにスキーウエアのズボンのすそは、長靴の中に入れず、長靴の外側に出します。はじめにスキーウエアのズボンのすそは、長靴の中に入れず、長靴の外側に出します。

次に、この状態でズボンの上にスパッツをかぶせます。

次に、この状態でズボンの上にスパッツをかぶせます。次に、この状態でズボンの上にスパッツをかぶせます。次に、この状態でズボンの上にスパッツをかぶせます。スパッツ各種次に、この状態でズボンの上にスパッツをかぶせます。

最後に、手袋です。

毛糸の手袋には、必ず紐をつけます。

手袋の内側の手首部分に取り付けます。

毛糸の手袋には、必ず紐をつけます。手袋の内側の手首部分に取り付けます。

手袋の手首部分が長めのものを用意します。

スキーウエアを着用してから手袋をはめて、手首の長い部分をウエアの上にかぶせますと、雪の進入を防げます。

スキーウエアを着用してから手袋をはめて、手首の長い部分をウエアの上にかぶせますと、雪の進入を防げます。スキーウエアを着用してから手袋をはめて、手首の長い部分をウエアの上にかぶせますと、雪の進入を防げます。スキーウエアを着用してから手袋をはめて、手首の長い部分をウエアの上にかぶせますと、雪の進入を防げます。スキーウエアを着用してから手袋をはめて、手首の長い部分をウエアの上にかぶせますと、雪の進入を防げます。

帽子は耳がかくれるもので、毛糸でもフリースでも大丈夫です。
かけ紐は、帽子の下の方につけるといいそうです。

かけ紐は、帽子の下の方につけるといいそうです。

【ここが大好きばんけい幼稚園】を更新しました。

2016-10-04

【ここが大好きばんけい幼稚園】を更新しました!

在園児の保護者の皆さんにばんけい幼稚園の魅力についてアンケートで大調査!
ばんけい幼稚園を選ぶ決め手になったポイントや、
実際に通わせてみて改めて感じたばんけい幼稚園のココがスゴい!などなど
こちらも生の声が満載です!

【お役立ち情報】を更新しました。

2016-09-05

【お役立ち情報】を更新しました!

幼稚園生活に必要なあれこれについてのアンケート調査を実施、保護者の皆さんのリアルな声をまとめました!
在園児はもちろんのこと入園を控えた方にも耳寄りな情報満載です!

たんぽっぽ81号〜75号公開しました

2015-12-26

たんぽっぽ公開しました。

たんぽっぽ

Copyright(c) 2014 Niji no kai All Rights Reserved.